どんな仕事なのか

保育士というのはそもそもどのような仕事なのでしょうか。子供の面倒を見るというのは、単に一緒に遊びをするというだけではありません。子供達が家庭と同様な環境で過ごすことができるようにしっかりと環境を整えなければいけません。保育園では食事の時間があり、他にもおやつや昼寝の時間もあります。これらを通して子供に基本的な生活習慣を身につけさせるというのは保育士の役割の一つといえるでしょう。

また、保育士というのは養護をするという役割もあります。それぞれの子供の情緒を安定させなければならず、さらに食事や排泄、衣服の着替えといった世話もしなければいけません。それらを子供がきちんと習慣として身につけられるように保育士は促していかなければいけません。

また、教育をするという役割もあります。子供がそれぞれの年齢にとってふさわしい発達ができるようにサポートするのです。さまざまな遊びを通して身体を使うことを身につけさせたり、感性を育てていくことが求められたりするのです。

このように保育士というのは施設内でさまざまな役目を果たさなければいけません。これらの仕事をしっかりとこなすことによって、保護者の期待に応えていくのです。責任をもって子供達と接します。